企業経営にとって未然防止したいリスク

会社を経営されている方にとって頭を悩ませる問題は様々ありますが、最悪の場合には企業イメージや収益にまで影響を及ぼすリスクも中にはあるものです。こちらでは、未然の防止策次第で回避することが可能なリスクをご紹介いたします。

セクハラ・パワハラ

男性社会と言われている業界でも、女性の社会進出が身近で当たり前のことになり、関連法も徐々に増えてきました。女性が多い企業様においては企業内のセクハラやパワハラに関する理解が進んでいることと思います。

しかし、中には上級管理者層と中間管理職と呼ばれる層、現場の社員との間で理解や認識にギャップがある場合、また、管理者層の理解不足によりセクハラやパワハラが企業内で問題になる残念なケースも少なくありません。

社内の情報漏洩

しばしば、企業から顧客情報の流出などが報道されることがあります。こうした問題は企業としてのコンプライアンスに対する姿勢だけでなく、社内の管理システムに対して社内外に不信感を抱かせることにもなりかねません。 特に最近はSNSツールを利用した社内の情報漏洩が話題になることも多いです。


情報漏洩、コンプライアンスに対する意識を日々持つことができているかどうか、企業のトップと末端で頑張ってくれている社員の間で認識にギャップがないかどうかを確認する必要性を感じている経営者様も多いです。

リスクを未然に防止するために

こうしたリスクを未然に防ぐためには、問題の把握が何よりも先決になります。例えば、当社の高機能アンケートシステムをご利用いただくことで、回答者の機密性を守るアンケート調査を実施することにより社内の問題把握に早期に取り掛かることも可能です。

また、高機能アンケートシステムを上手くご活用いただければ、費用を抑えて定期的に質の高い社内アンケート調査を行うことができます。定期的に行うことで、社内のセクハラ・パワハラやコンプライアンス、情報漏洩を重要視する意識付けも期待できるのではないでしょうか。

webクラウドを利用した高機能アンケートシステムなどは、様々な企業様から注目を集めている人気の社内システムです。他にも労働環境の保全に関するアンケートや、社外向けの顧客動向調査にもご活用いただけます。システム運用や価格に対するお問い合わせなど、気になりましたらぜひお問い合わせください。